早期発見のための心がけが大事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

治療法こうしたさまざまな治療法が開発されてはいるものの、基本的にはがんにかからないように日頃からさまざまな予防をしておくことが大切と言えるでしょう。予防方法としてまず考えたいのが喫煙を避けることです。タバコの煙の発がん性物質は60種類と言われており、禁煙期間が長ければ長いほど癌の発症するリスクは少なくなってくるということがわかっています。発がん性物質は血液に乗ってあらゆる臓器に運ばれてしまうため、体のどこの箇所においてもガンを発症するリスクが大幅に上がってしまうのです。また自分が吸うわけで副流煙のもとにさらされている状態でもやはり発がん性はありますので、できるだけ喫煙者の近くには寄らないということも予防の一つとなります。

またお酒の飲みすぎもやはりガンを発症する確率を高めてしまいますので、ほどほどにしましょう。食生活は癌の発症と非常に深い関係があるとされており、とりわけ野菜や果物をしっかりと取ることによってがんを予防できるということが研究によってわかっています。また肥満もがんを助長すると言われていますし、逆に痩せすぎていてもがんが増加する傾向が見られています。適切な体重で健康的な毎日を送ることが、ガンを予防するための決め手とも言えるでしょう。そこで、規則正しい生活で自分の出来る所からガンを予防する生活を組み立てていきましょう。