NK細胞療法と放射線の違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

癌の治療をする上で主流となっている方法が放射線治療です。放射線治療は手術をすることなくがん細胞を破壊することが期待できる治療法として定着しています。しかしながら数々の副作用によって体力が大幅に低下してしまうという弱点もあります。一方で近年がん治療において特に注目されている方法として、NK細胞療法と言われるものがあります。NK細胞とは体に本来存在している細胞の一つで常に体中の監視を行いながら、がん細胞などの体にとって有害な細胞を攻撃し破壊する役目を果たす細胞です。この細胞があるために人間には免疫力が備わっているということになります。

NK細胞療法そこでこの免疫力を向上させることによってがん細胞を攻撃させるというのがNK細胞療法の特徴です。この方法だと自らの血を特殊な方法で増殖させることによってNK細胞を増やし、それを体内に再び入れる方法がとられます。免疫力が向上するために手術前後の体調管理にも非常に大きな働きが期待できますし、何より体に対する負担が少ないためこれまでがん治療に伴うはずだった数々の副作用に悩まされることがないのです。

しかしながらこの治療法は保険適用外の治療法となるので、一定の治療を受けるためには100万円以上の予算が必要となるでしょう。これからのがん治療においてこうした治療法がよりリーズナブルにできるようになることが一つの課題と言えるかもしれません。有り明け放射線での治療方法と組み合わせて行うことによって、より高い効果が期待できるでしょう。その他にもがん治療に伴うさまざまなポイントについてご紹介します。