早期発見のための心がけが大事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

治療法こうしたさまざまな治療法が開発されてはいるものの、基本的にはがんにかからないように日頃からさまざまな予防をしておくことが大切と言えるでしょう。予防方法としてまず考えたいのが喫煙を避けることです。タバコの煙の発がん性物質は60種類と言われており、禁煙期間が長ければ長いほど癌の発症するリスクは少なくなってくるということがわかっています。発がん性物質は血液に乗ってあらゆる臓器に運ばれてしまうため、体のどこの箇所においてもガンを発症するリスクが大幅に上がってしまうのです。また自分が吸うわけで副流煙のもとにさらされている状態でもやはり発がん性はありますので、できるだけ喫煙者の近くには寄らないということも予防の一つとなります。

またお酒の飲みすぎもやはりガンを発症する確率を高めてしまいますので、ほどほどにしましょう。食生活は癌の発症と非常に深い関係があるとされており、とりわけ野菜や果物をしっかりと取ることによってがんを予防できるということが研究によってわかっています。また肥満もがんを助長すると言われていますし、逆に痩せすぎていてもがんが増加する傾向が見られています。適切な体重で健康的な毎日を送ることが、ガンを予防するための決め手とも言えるでしょう。そこで、規則正しい生活で自分の出来る所からガンを予防する生活を組み立てていきましょう。

NK細胞とは何か

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

採取NK細胞とは1970年代に発見された細胞です。Nとはナチュラル、Kとはキラーを表す英語で、生まれながらにして殺し屋と言う意味を持っています。その名の通り体にとっての防御機構において重要な役割を果たす細胞で、腫瘍細胞やウイルス感染細胞などに対して強い細胞障害活性を示す、つまりはそれらが消滅するように攻撃する力がある細胞として知られています。年齢を重ねるにつれてこの細胞は徐々に減っていくために、がんなどの重大な病気のリスクが高まってしまうというわけです。

そこで癌治療においてNK細胞を増殖し体内に戻すという療法が開発されました。方法としては30から50mlほどの血液を採取し、そこからリンパ球を分離させます。分離したリンパ球はNK細胞の選択的活性および増殖を行います。そのようにすることによって高純度活性化NK細胞が作り上げられるというわけです。この培養された細胞を点滴によって体内に注入することによって、体の免疫力を大幅にあげることが期待できるのです。この治療法によってがん細胞の消滅だけでなく他のさまざまな感染症から体を守る事も大いに期待でき、これからのがん治療の主要な療法として特に注目を集めているのです。

関連リンク:NK療法治療

NK細胞療法と放射線の違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

癌の治療をする上で主流となっている方法が放射線治療です。放射線治療は手術をすることなくがん細胞を破壊することが期待できる治療法として定着しています。しかしながら数々の副作用によって体力が大幅に低下してしまうという弱点もあります。一方で近年がん治療において特に注目されている方法として、NK細胞療法と言われるものがあります。NK細胞とは体に本来存在している細胞の一つで常に体中の監視を行いながら、がん細胞などの体にとって有害な細胞を攻撃し破壊する役目を果たす細胞です。この細胞があるために人間には免疫力が備わっているということになります。

NK細胞療法そこでこの免疫力を向上させることによってがん細胞を攻撃させるというのがNK細胞療法の特徴です。この方法だと自らの血を特殊な方法で増殖させることによってNK細胞を増やし、それを体内に再び入れる方法がとられます。免疫力が向上するために手術前後の体調管理にも非常に大きな働きが期待できますし、何より体に対する負担が少ないためこれまでがん治療に伴うはずだった数々の副作用に悩まされることがないのです。

しかしながらこの治療法は保険適用外の治療法となるので、一定の治療を受けるためには100万円以上の予算が必要となるでしょう。これからのがん治療においてこうした治療法がよりリーズナブルにできるようになることが一つの課題と言えるかもしれません。有り明け放射線での治療方法と組み合わせて行うことによって、より高い効果が期待できるでしょう。その他にもがん治療に伴うさまざまなポイントについてご紹介します。